creamieux...5
お肌に非常に優しいニキビ・黒ずみケア洗顔料パラクレールクリーミューですが、

そのクリーミューの使い方で、洗顔の時に気をつけるポイントについてご紹介していきます

 

クレンジングしたあとは、必ず洗顔(W洗顔)するべき?

W洗顔には、それが必要なタイプと不要なタイプがあります。

たとえ必要な場合も洗いすぎには注意が必要です!

クレンジング(メーク落とし)にもいろいろなタイブがありますが、「その後、洗顔料を使って洗い流して~」の指示がある場合は、石けんやフォームでのW洗顔が必要です。

とくに、オイルタイプは、強力な洗浄料が使われている上に、オイルじたいが肌に残りやすいので、石けんやフォームでのW洗顔が絶対に必要です。

ただし、ヌルつきが残るからと、2度も3度も洗顔したり、しつこくマッサージするのは、絶対にやめましょう。

表面の皮脂が取り去られるだけでなく、角層の潤いまで抜けて、肌の中がスカスカになってしまうからです。

いずれにしろ、W洗顔では、洗いすぎによる肌の乾燥にくれぐれも注意して、洗顔はスピーディーにやさし
くパラクレールクリーミューでしましょう

パラクレールクリーミューでの正しい洗顔は美肌のファーストステップです。

今日は日焼け止めしか塗っていないから、クレンジングなしでも大丈夫?

日焼け止めはクレンジングでないと落とせないので、ズバリ、ダメです!

日焼け止め(紫外線防止効果のあるメーク下地も含む)もメークアイテムのひとつ。

洗顔だけでは落ちにくい成分も含まれていますから、きちんとクレンジングするべきです。

また、最近の日焼け止めは汗や皮脂で簡単に取れないように化粧もちがよくなっていますから、なおさらクレンジングで丁寧に取り除く必要があります。

とくにレジャー用の落ちにくいタイプの日焼け止めを使ったときは、必要に応じて専用のクレンジングを使って。

日焼け止めもファンデーション同様に、落とし残しがあれば、それが毛穴づまりからニキビになるなど、肌トラブルなどに発展する可能性大です。

日焼け止めだけでも、ファンデーションだけでも、家に帰ったら即クレンジングしてください

クレンジングや洗顔のすすぎは、ぬるま湯のほうがいい?

肌タイプによって、ぬるま湯の適正温度も微妙に違いますが、ぬるま湯でOKです!

皮脂は温度が高くなるほど溶け出す性質があるので、皮指をスッキリ取り除きたいオイリー肌や二キビ肌には、ちょっと高めの35~37℃前後がオススメ。

ただし、それ以上の温度では、皮脂が流れ出しすぎて肌が乾燥してしまうので、注意します。

逆に、肌の潤いを守りたい乾燥肌や敏感肌には、低めの30~33℃前後がオススメ。

温度計がなくても、ほとんど水に近いぬるま湯にすればOKです。

肌タイプに関係なく、40℃前後が平均の湯船の湯やシャワーでは、洗顔には熱すぎます。

バスルームでクレンジングや洗顔をする場合は、シャワーの温度を低めに、水圧も弱めに設定して(あまり水圧が強いと肌に刺激となります)、肌の潤いを洗い流しすぎないように気をつけます。