creamieux10
顔の大人ニキビに効果的と多くの方に人気な濃密泡洗顔料「クリーミュー」ですが、

ニキビ肌の方でニキビができた状態の時にはこのクリ―ミューがおススメです。

ここではニキビができた時の対策と、普段のケアやメークの注意点など、ニキビに対しての対応策をご紹介していこうと思います!

是非普段のニキビケアにクリーミューとここでご紹介する方法を取り入れてニキビ対策していってくださいね!
 

ニキビができたときは、過剰なクレンジングと洗顔を控える。

ゴシゴシ洗いすぎるとニキビを悪化させることもあります。

ニキビができると、皮脂や汚れが気になるあまり、一日に何回も洗顔をしたり、メイクもしていないのにクレンジングをする人がいます。

確かに肌の表面に余分な汚れや皮脂を残さないことは、ニキビ対策のうえでも大事なことです。

しかし、洗いすぎは肌にとってよくありません。

肌にある潤い成分を必要以上に洗い流してしまうからです。

うるおい成分が不足すると肌が乾燥し、肌のバリア機能を守ろうと角質が厚くなります。

その結果、毛穴の出口が角質でふさがれ、余計にニキビが悪化することも。

そんなことにならないよう洗顔方法を見直してみましょう!

ニキビができてしまったときの洗顔方法

クレンジングは肌へのあたりが柔らかい、クリームタイプのクレンジング料を使いましよう。

拭き取りタイプは肌への刺激が強いので、洗い流せるタイプを使います。

洗顔は濃密泡洗顔料クリーミューがおすすめ

朝起きたときやクレンジング後のW洗顔は、刺激が強すぎず、すっきり皮脂汚れを落とすことができるクリーミューを使いましょう。

ニキビができているとき、ファンデーションはパウダータイプを使う。

ニキビ肌にメイクをするときには、いくつか気をつける点があります。

まず、ファンデーションは、クリームやリキッドタイプは使わないようにします。

これらのものは油分が多すぎたり、また最近はカバー力を出すだめにシリコンを多量に含むものが多く、それが毛穴をふさぐからです。

いちばんよいのは、サラッとしたパウダーファンデーションやルースパウダー(粉浴しろい)。

これらを、保湿美容液などをつけた上から、直接塗るようにします。

化粧下地はニキビによくないので使わないようにします。

ニキビの赤みが気になる場合は、部分的にコンシーラーを使っても問題ないでしょう