creamieux...9
ニキビケアや対策に人気の商品クリーミューですが、

のんなクリーミューでも、さすがにすぐは改善しないのが酷いニキビ跡に見られる肌の凸凹です。

クリーミューはニキビ対策と今できているニキビには強いですが、凸凹になってしまったものへの効果はあまり期待できません。

ではそうならないために、その凸凹になる原因と対策について知っておきましょう!

ニキビ予防にはクリーミューです!
 

ニキビ痕~気になる肌の凸凹~

職業柄、「毛穴が気になるんです!」とよくご相談を受けることがあります。

けれど、拝見させていただくと毛穴ではなく、ニキビ痕であるケースがあります。

様々な毛穴の悩みと比べると、残念ながらニキビ痕を目立たなくするのはそんなに簡単ではありません。

まず、ニキビが痕になってしまうプロセスについてど説明します。

ニキビと一口に言っても種類がいくつかあります。

毛穴の出口近くの角質が硬くなって皮脂を詰まらせてしまうニキビや、皮脂が酸化して黒ずんで見える黒ニキビなど、

皆さん聞き覚えがあるのではないでしょうか。

けれどニキビ痕について考えるとき、この2つはあまり問題にはなりません。

表面を覆っている角質や詰まった皮脂を取り除いてあげれば、痕にはならずに自然と治ってくるものだからです。

凸凹の原因?赤ニキビにご注意を!

それに比べて厄介なのが、赤みのあるニキビです。

これは菌が繁殖して炎症を起こしてしまっている証であり、ニキビが大きければ大きいほど炎症の範囲も広がります。

こうなってくると単なる「皮脂の詰まり」ではなく、「傷」のレベルです。

これがニキビ痕を生む原因になるのです。

人間の体には、傷ついたときに治そうとする力、自然治癒力があります。

ケガをしてもかさぶたとなってそのうちに治ったり、骨を折っても元のようにくっついたりするのですから、自然治癒力とはすごいもの。

ニキビが炎症を起こしてしまったとき、膿が出てしまったときなども、それを治すために硬いコラーゲンを大量に作り始めます。

けれど、炎症が長期にわたったり、ニキビが大きくて深部にまで影響を及ぼしている場合、この堅いコラーゲンの供給が過剰になり、毛穴周りに頑丈な皮膚が作られてしまうのです(肥厚性瘢痕といいます)。

ニキビが大きければ大きいほど、毛穴はぱっくりと開いています。

その聞いた毛穴のまましっかりした硬いコラーゲンが周囲を固めてしまったもの・・・

これがニキビ痕の正体です。

ただ「穴が大きくなってしまった毛穴」とは遣い、そもそも素材が違うのです。

赤ニキビは酷くなると凸凹に・・・

毛穴が開いているだけでも問題ですが、炎症がひどければ毛穴の周囲が凹んでしまい、クレーター状になってしまうことも。

また、表皮ならず真皮までダメージを受けているケースもしばしばで、そうなると「開いた毛穴をキュッと小さくする」というわけには到底いきません。

エクストラクションやコスメなどでは残念ながら対応しきれないことが、現状です。

でも、「私のニキビ痕は、もう治らないの?」と悲観することはありません!

自分でのお手入れには限界がありますが、現代に生まれた私たちには美容医療という頼もしいサポーターがいます。

時間とお金は多少かかってしまいますが、「目立たなくすること」は可能です。

デビューしたてのときはニキビ痕が目立っていたタレントさんが、アレッと気がついたときにはそれが目立たなくなっていた、なんてことありますよね。

頑固なニキビ痕、歴史ある肌の凸凹も、プロのドクターの技術と知識にかかればかなりの変化を遂げられます。