creamieux...1
合成化学成分は肌に悪い!
無添加で天然成分のものを使おう!
こう言った言葉はよく耳にすると思います。
確かに合成化学成分は体に良くないし天然のものに体にいいものが多いのは事実かもしれません。
クリ―ミューも天然成分を使用し無添加低刺激を売りにしています。
ですが世の中の化粧品はそればかりではないので、無添加で天然のものを選ぶときに気をつけておきたいポイントを紹介しますので、是非化粧品選びの参考にしてみてください♪
 

オーガニック化粧品がいいとは限らない!

「オーガニック化粧品」は天然成分でできた、お肌にやさしい化粧品のイメージですよね。
「オーガニック化粧品」とは「農薬、化学肥料などの化学薬品を使わずに、昔ながらの有機栽培で育てた植物から得られる原料が入っている化粧品」です。
世界にはオーガニックの品質を保証する認証団体があり、その団体に認められた原料を使っていれば「正式認定のオーガニック化粧品」と称することができます。
では、オーガニックの団体に認められれば本当にお肌にやさしい化粧品になるのでしょうか?
実際は、原材料の何割かにオーガニツクの植物を使っているだけで、残りはお肌卜ラブルの元になる合成界面活性剤や防腐剤のほか、さまざまな物質が配合されていることが多いのです!
そもそも、オーガニックの植物は本当にお肌にやさしいのでしょうか?

自然界に存在している植物には、薬の原料になるものも毒もあります。人によってはアレルギーを起こすかもしれません。
植物だからお肌にやさしいとは限らないのです。
また植物エキスを化粧品に配合する抽出段階で、お肌に負担のかかる薬剤を使うことも多く、化粧品には薬剤をそのまま混入することになります。
オーガニック化粧品は、必ずしもお肌にやさしいわけではないのです

食べ物が原料の化粧品がアレルギーを起こすことも

「化粧品の成分が、食べられるものだったら安全!」と考えている方は多いと思いますが、実は安全ではありません。
食物アレルギーは、食物が皮膚に付着したのが原因で発症することがわかってきました。
食べ物を皮につけていると、アレルギーを発症する可能性があるのです!
大問題になった「茶のしずく」は、食べ物である小麦を細かい状態にした加水分解小麦が石けんに配合されていて、それを使った人が、重い小麦アレルギーになってしまったものです。
また、レモンやキュウリでパックすると皮膚にビタミンCが補えてよいと勘違いしている人も、まだまだいるようです。
レモンやキュウリにはソラレンという光毒性物質が含まれていて、皮膚につけたあとで日光にあたるとシミをつくってしまいます。
食べ物だからといって、化粧品の材料として安全ではないのです。

天然成分の入った化粧品を選ぶときは「天然で自然のものだからいい!」と決め付けず、しっかり中身を確認し、アレルギーと危険物質の有無を確認してから使用するようにしましょう!
洗顔ニクリ―ミューを使ったところでそのあとのスキンケアで肌荒れを起こしていては元も子もありませんからね・・・。