Woman....1-11
年を取るとともにどんどん気になる「シミ」や「たるみ」。
できればそんなものは無く、美しい肌のままでいたいものですよね・・・。
今回はその「シミ」や「たるみ」の発生に大きな影響を与える「糖化」について詳しく紹介していくとともに、糖化防止策についても紹介します!
クリ―ミューで外側からの対策をしつつ今回紹介する方法で別の角度からもしっかりケアしていってください♪
 

そもそも良く聞く「糖化」って何のこと??

「糖化」とは何でしょう?
「糖」が結びつき、体内のタンパク質と食事で摂取したタンパク質が劣化することを言います。
皮膚が糖化すると、コラーゲン繊維の弾力が低下し、肌のハリがなくなり、シワやたるみを生じます。お肌がどんどん老化するのです。
皮膚だけではなく体全体に作用し、糖尿病、動脈硬化、白内障、脳老化によるアルツハイマーなど、怖い病気の原因になります。
私たちは炭水化物を体内で糖に分解してエネルギーとして生きているために、糖化は避けられません。少しでも糖化を進めないためには、血糖値を急に上げなしことが必要です
血糖値上昇スピードは、その食品ごとのGI値によって判断することができます。
GI値とは糖の体への吸収されやすさをあらわす数値で、高いほど吸収されやすい食品です。砂糖はGI値が高い食べ物で、血糖値を急上昇させ体の糖化を進めます。

糖化をできるだけ避ける為の食べ物・食べ方

米や麦などは、精白されていない玄米や全粒粉がおすすめです。乙れらは食物繊維が豊富なのでGI値が低くなります。GI値を意識して食べ物を摂取しましょう。
食べる順番も血糖値の上がり方に影響を及ぼします。糖質の吸収を緩やかにする食物繊維を含んだ野菜や果物、海草類を先に食べてから、糖質を含んだもの(米、パン、パスタ)を食べましょう。果物は糖質が多く、血糖値を上げやすいと誤解されがちですが、良質な果糖と食物繊維が豊富なのでGI値は低めです。
よく噛んで食べることも血糖値の急激な上昇を防ぎます。また腹八分目で食事を終えることが大切です。
あまり知られていないことですが、体内に入る前から糖化されている食物は避けるべきです昧しそうな焼き色は、食べ物に含まれるタンパク質と糖質が加熱され糖化した色なのです。パンケーキの焼き色、トンカツの衣の色、ポテトチップスの美昧しそうな色、三温糖の茶色。それらは糖化している色です。
糖化した食品が体内に入ると、分解しきれずに残った糖化物質が腸から吸収され、全身に広がります。皮膚に作用してコラーゲンの変性が起こります。
食品の調理法でいちばんよいのは、先ほどもお伝えしたように加熱しない・生で酵素をとり入れること。次に、焦げ目がつかない「蒸す」「ゆでる」「煮る」です。「焼く」「妙める」「揚げる」調理法では、糖化物質を体内にとり込んでいることを認識しましょう。
糖化を進めないためには、「抗糖化作用」があるカモミールティー、甜茶、ドクダミ茶、グァバ茶を飲み、しようがを積極的に摂取することをおすすめします。

食べるものから糖化を気をつけつつ、このような飲み物で糖化対策をし、そとからはクリ―ミューを使って美肌対策をしっかりとしていきましょう♪