Woman....1-8
「無添加低刺激」のクリ―ミューですが、洗顔でクリ―ミューを使い、美容成分でお肌に対して優しく効果的に働き掛けたとしても、その後のケアがどのようなものかで効果に天と地ほどの差が出ます。
美肌になりたいなら必ず知っておくべき間違ったケア方法を紹介しますのでクリ―ミュー使用の際は是非参考にしてみてください!

 

オールインワンゲルはお肌にビニール

「これひとつでお肌プルプル♪」
忙しい女性のために開発された大人気のオールインワンゲル。
塗ると確かにお肌が潤う気がしますね。洗顔したあと、ゲルをとってお顔に塗り込むワンステップできれいな肌になれるので、忙しい朝も、疲れた夜もとってもラクです。
オールインワンゲルは、「化粧を簡単に済ませたい」と思う消費者の心をわしづかみにしました。
では、オールインワンゲルは何からつくられているのでしょう?
水、合成ポリマー、合成界面活性剤、防腐剤、その他の成分です。
その主成分である「合成ポリマー」とは、液体のビニールのようなものです。
皮膚にテープやビニールを貼ると、ピーンと張ってつるつるに見えますね。それと同じです。
お顔に合成ポリマーを塗るとシワが伸びてツヤツヤしたように見えるのです。
合成界面活性剤で実際はお肌へのダメ―ジが進んでいても、表面を合成ポリマーで覆うことで、あたかもお肌がきれいになったように感じているのです。
また合成ポリマーをお肌に塗ると、汗や皮脂を排出するための皮膚がビニールによってふさがれてしまい、肌本来の機能を発揮できなくなります。
皮膚の常在菌が住みにくい環境になり、常在菌が減って皮膚が不健康になります。
お肌に有効といわれる成分が配合されていても、合成ポリマー、合成界面活性剤、防腐剤といった有害な化学物質が主体であることに変わりはありません。
アンチエイジングを謳っている、シワやたるみを目立たなくする化粧品もこれと同じ原理なのです。

乳液、保湿クリーム、アイクリームがお肌を乾燥させる

保湿するための乳液、保湿クリーム、アイクリームなども合成界面活性剤を含みます。
合成界面活性剤は洗浄剤としてだけではなく、乳化剤としても使われます。
乳化とは、もともと混ざらないふたつの物質である水溶性と油性のものを混ぜ合わせて、乳液やクリーム状にする働きを言います。
あなたは乳液やクリームを使うことで、合成界面活性剤をお肌にすり込んでいるのです。
もうおわかりの通り、保湿のために塗る乳液やクリームが皮膚の構造を壊して、お肌を乾燥させているのです。
特に目の周りの皮膚は薄くて敏感です。小ジワが減るのを期待してアイクリームをせっせと塗っていると、皮膚のダメージが蓄積されてシワやシミが増えていきます。
乳液やクリームを塗ったらつるつるしてきれいになる感覚がしますね。それは合成ポリマーが配合されているからです。ニセモノのツヤなのです

ファンデーションがお肌を汚くする

ファンデーションは大きく分けて2種類があります。
リキッドファンデーション(液体) とパウダーファンデーション(粉)です。
リキッドファンデーションには必ず合成界面活性剤が配合されているので、皮膚への害は言うまでもありませんね。
パウダーファンデーションには紫外線散乱剤である酸化チタン、酸化亜鉛が配合されています。
酸化チタン、酸化亜鉛は紫外線にあたると活性酸素が発生します。その粒子が小さければ小さいほど活性が高まります。
超微粒子化した粉末は皮膚のバリア機能をかいくぐって皮膚の奥深くまで入り込み、肌トラブルを起こします。
最近流行のミネラルファンデーションは、この超微粒子粉末を使用しているため、紫外線カット効果が高いのですが、お肌には大きな負担がかかります。
口紅の鮮やかな色にはタール色素が使われています。
タール色素とは赤色○○号、黄色○○号と表記される自然界にはまったく存在しない化学物質です。食品添加物に許されていないたくさんの色素が、化粧品では許可されています。タール色素による発がん性や胎児の奇形が報告されています。
口紅を甜めてしまうと、少量とはいえ毒物が体内に直接入ることになります。
また口紅には、色むらをなくするための合成界面活性剤や染料の溶解剤も配合されています。これらの化学物質と合わさって、より毒性が強くなるのです。

このように洗顔後に使用するケア製品によってお肌はむしろ悪い方向へ向かってしまうんです。
美肌を目指してケアに力を入れていくなら、洗顔をクリ―ミューに変えるだけでなくその後のケア製品にも最大限気をつけながら美肌を目指していきましょう☆