Woman....1-7
ケア製品を使い美肌に!そう思って様々な化粧品やケア製品を使っては変え使っては変え・・・
そのようは方をよく見かけます。
ですが、ほとんどの製品に入っている有害物質や防腐剤。
これらは肌を美肌に導くどころか、肌にダメージを与え老化を促進させていきます。
今回はそんな有害物質や防腐剤について詳しく紹介していこうと思います!
そういった知識を得たうえでクリ―ミューを使って美肌を目指して行けるほうがいいですからね♪
 

気をつけろ!化粧品には有害物質が大量に!

化粧品には、合成界面活性剤、防腐剤、着色料、香料、合成ポリマーなど、さまざまな化学物質が配合されています。
それらを化粧品に配合してもいいか、またどれくらい配合してもよいかの基準値は厚生労働省が定めています。
「基準値」が決まっている理由は、量が多いと体に悪影響を及ぼすからです。
2001年4月から、化粧品に使われている原材料すべての成分を表示することが義務づけられました。
しかし、化粧品のラベルに並んでいるカタカナを見たところで、何が何だかわからないので、成分を本当に理解して購入される方はとても少ないと思います。
「一流メーカーがつくっているのだから大丈夫」
「誰もが使っているものだから、変なものであるはずがない」
そう信じて、有害な化学物質をお肌に塗り込んでいるのです。

そもそもなぜ、化粧品にはたくさんの化学物質が配合されているのでしょうか?

理由は大きく分けて3つあります。
(1)使い勝手をよくする
(2)腐らないように長持ちさせる
(3)安価に大量生産する
突き詰めると
「化粧は簡単に済ませたい」
「取り扱いがラクなのがいい」
「長持ちする化粧品がいい」
という消費者の要求と企業の利益が一致し、有害な化粧品が製造されてきたのです。
「ひどいものを売っている」と怒るのは簡単ですが、その責任は私たちにもあります。
私たちみんかが化粧品の真実を知って賢くならなければ、これからも有害な化粧品が蔓延する一方でしょう。

防腐剤の入っていない化粧品を使おう!

多くの人が使っている基礎化粧品も、ほとんどがお肌に悪いものです。
化粧水の主成分は水です。常温で放置した水は数日で腐って飲めなくなります。
では、なぜ化粧水は開封したあと何カ月~何年間も腐らないのでしょうか?
それは防腐剤が添加されているからです。
化粧品が腐るのは、細菌やカビが繁殖するためです。これらの微生物を殺し、活動を抑制する防腐剤は、人の細胞にもマイナスの働きをします。
「化粧品に添加される防腐剤は厚生労働省が認めているから大丈夫でしょう?」と思っている方、とんでもないことです。
厚労省が認めている防腐剤の中には、毒性や発がん性を認めるものもあり、添加量が制限されています。しかし、添加する数には制限がありません。毒性が少しだけの防腐剤でも、何種類も合わさると毒性が強くなります。

健康な皮脂にはよい(常在菌)がたくさん住んでいて、常在菌は皮膚表面を弱酸性に保ち、ほかの雑菌やカビからお肌を守る大切な働きをしてくれています。
防腐剤が入った化粧品をお顔に塗ると、大切な常在菌が死んで数が少なくなってしまいます。
そうすると、今まで常在菌のおかげで抑えられていた悪い菌やカビが繁殖してしまい、肌荒れが生じるのです。
そしてニキビの原因になるアクネ菌が増えすぎて、ニキビが増えます。
さらに水虫やほかのカビ疾患が顔に発生する原因にもなるのです

肌に対する毒素を極力回避し、肌に存在する常在菌を殺しすぎない「無添加」「低刺激」の化粧品を使う事が大切です。
クリ―ミューは防腐剤の入っていない「無添加」「低刺激」の泥洗顔料なので、安心して使用していけますね♪