creamieux...8
 

化粧水だけでは潤いはキープできない!油のシールドは肌にとって絶対に必要

化粧水や美容液が主に水分と潤いを補給するものなら、乳液やクリームは主に油分と潤い成分を補給するもの。

油分には肌をシールドして水分やうるおい成分が飛ぶのを防ぐ効果があります。

せっかく補給しら成分もオイルシールが無くてはならなかったも同然。

素肌には皮脂という天然の油膜がありますが、油のシールドも肌にとって絶対に必要です。

このオイルシールの新の実力を思い知るのは、つけた直後よりもむしろ時間が経ってから。

化粧水や美容液だけでは水分もうるおい成分もキープできずすぐに肌が乾いてしまいます。

しかし、乳液やクリームまで使っていれば、時間が経っても肌はしっとり潤っているのです。

どんなにべたつきが苦手でも(ニキビ肌以外)乳液やクリームは使うべきです!

化粧水を含ませたコットンでコットンでパックすると、より効果が高まる?

コットンパックには単に肌に化粧水をタップリのせるだけでなく、それをコットンで密閉することによって、肌により深く多く浸透させる、特別な効果があるのです。

またコットンパックは即効性の高さも大きな魅力。

コットンパックをするだけで、肌が一時的に水分を含み透明感がアップします。

肌が水分を含むと、ちょうどお風呂上がりのように、角層が半透明のような状態になり、肌の白さが際立つのです。

さらに、水分が十分に入った肌は、乾燥による化粧くずれが少ない、というメリットも。

そんなコットンパックを上手にするポイントは2つ。

まずパックする前に化粧水をコットンでタップリ肌になじませておきます。

つぎに、あらためてコットンに化粧水をヒタヒタに含ませて顔に貼り付けます。

そして、化粧水が蒸発してコットンが乾く前に必ずコットンを顔からはすします。

化粧水はほとんどが水分のためコットンが乾くのが早いので注意。

コットンが力ピ力ピに乾いた状態では、逆に肌の水分が奪われてしまいコットンパックの意昧がなくなります。

即効で肌に水分を補給でき、自分で簡単につくれる、コットンパック。

これこそは、化粧水の効果を120%発揮させる、お手軽な美容法といえます。