creamieux18
無添加泥洗顔料のクリ―ミューですが、この製品以外にも「無添加」と謳っている製品は沢山あります。
ではその「無添加」とはどういうもので、クリ―ミューはどれほど安全なものなのか?
「無添加」について詳しく知りクリ―ミューとはどのくらい安全なものか再確認していきましょう!

 

「無添加化粧品」について知ろう

「無添加化粧品」と聞くと、「お肌に負担がかかる成分がまったく配合されていない化粧品」と思う方が多いと思います。
私がまさにそうでした。あるとき、それはまったくの間違いであると気がついたのです。
世に出回る無添加化粧品を調べてみると大きくふたつに分類されます。

1.旧指定成分を添加していない化粧品
2.限られたひとつかふたつの化学物質を除いてあり、その物質が無添加と謳っている化粧品

化粧品に含まれる化学物質の中で、旧厚生省が指定したアレルギー・皮膚障害・がんを引き起こす可能性の高い毒性が確認された102の成分を「指定成分」と呼びます。以前は化粧品にこれらの成分を配合する際には表記が義務づけられていました。
ですが、2001年4月以降はすべての成分の名前が表示されることになったため、現在それらは「旧指定成分」と呼ばれています。
旧指定成分が無添加であれば、ほかのどんな有害な化学物質が入っていようが、(1)の無添加化粧品になります。
一方(2) は、何かひとつ○○物質が無配合で、容器のどこかに「○○が無添加です」と記載してあります。
実際は旧指定成分を含め、ほかの有害な物質が配合されています。
最も多いのは「パラベン」が無添加なだけで、無添加化粧品と謳われているものです。
パラベンはアレルギーを起こす可能性があり、配合する量が制限されている旧指定成分に分類される防腐剤です。パラベンが無添加でも、ほかの防腐剤であるフエノキシエタノールなどが添加されていたりします(フエノキシエタノールも有害な物質です)。
そもそも厚労省は、無添加化粧品の基準を設けていません企業が勝手に無添加化粧品と言っているだけなのです。
「無添加化粧品」と謳うと「お肌にやさしい」と勝手に消費者がイメージして購入してくれるので、無添加化粧品が世にあふれでいるのです。
ちなみにテレビコマーシャルが流されている有名な無添加化粧品は、旧指定成分は無添加ですが、ほかの有害成分はたっぷり配合されています。
編されて有害な無添加化粧品を使っている人は、多く存在するのでしょうね。

クリ―ミューは「無添加」だけど、どう安全?

ではクリ―ミューはどうなのかというと、
クリ―ミューは50%以上がそもそも有効成分で、なおかつ7つの天然成分配合、無添加については10種類もの無添加を実現させています。
他の製品でもここまで肌に対して低刺激かつ安全に生産されているものは数少ないと思います。
ですので他の製品の少しばかりの無添加に踊らされず、しっかりと把握したうえで安心安全に使用していってください♪