creamieux...4
顔のニキビケアにオススメなのはパラクレールクリーミューです。

では、頑固な悩みの種になってしまうそのニキビはどのように防いだり、改善するのがよ言うのでしょうか?

ここではそんなニキビの特性とケア方法で気をつけるべき点についてご紹介していきます!

 

スポンジやブラシには、アクネ菌がウジャウジャ。メーク道具の貸し信りは×

驚くなかれ!なんとニキビはうつるのです。

二キビの火付け役となるアクネ菌は、誰の肌にももともといるものですが、皮指が毛穴の中にたまり始めると、一気に増えて悪さをし始めます。

毎朝使っているファンデーションのスポンジやチークのブラシには、じつはこのアクネ菌はウジャウジャいるらしいのです。

例えば、旅行などに行って友達のファンデーションを借りるととになったとして、アクネ菌、がスポンジを介して自分の肌にお引っ越ししてこないとも限りません。

友達といえどメーク道具の貸し借りはやめておいたほうが肌のため。

余談だけれどマスカラの貸し借りで目の感染症がうつることもあるようなので、ポイントメークの貸し借りも基本的にはしないほうがいいでしょう。

すでにニキビができている肌には、ニキビ肌用の化粧品を!

すでに二キビができてしまっている肌には、乳液やクリームは使わないほうがよいよう。

化粧品に含まれる油分の中には、アクネ菌の工サとなるものがあり、二キビを悪化させる可能性が大だからです。

二キビができている肌にはニキビの炎症を鎮静する消炎効果や、二キビをつくるアクネ菌の繁殖を抑える殺菌効果のある「ニキビ肌用」の化粧品を使って。

単に化粧品を使わないだけでは、肌の乾燥がヒドくなって、新たな二キビをつくることになってしまうので、お手入れ不足にも注意して!

肌の乾燥を防いで、しっかりと清潔に、なおかつ優しく洗えるパラクレールクリーミューはとてもおすすめです。

クリーミューで優しく洗顔して、お肌にうるおいを保ち、炎症を抑えてくれる効果にも期待できます!

また、ニキビが赤く腫れ上がっていたり黄色く膿んでいる場合、また二キビが1~3個ではなく集中してたくさんできてしまった場合は、皮膚科専門医での適切な治療が必要です。

ニキビができているときに、やってはいけないお手入れはマッサージ!?

実は炎症を悪化させるから、マッサージだけはやってはいけないのです!

ニキビは肌の炎症。

炎症は鎮静させるのが第一です。

肌を活性化させるマッサージなどは控えるべき。

どうしでも顔のむくみなどが気になるときは、マッサージ料をつけすにツポ押しなどを試して。

マッサージクリームなどに含まれる油分が二キビを悪化させてしまう可能性があるからです。

もちろん、自分でついつい触ってしまうのもダメです。

とくに、赤くなってブヨブヨに膨れた状態のときには触るのは絶対にダメ。

マスクは、シートタイプでも塗るタイプでも、油分ではなく水分や潤いを補うタイプのものなら、二キビを悪化させる心配もないので、使えます。

最近は炎症を鎮静させるタイプの二キビ専用シートマスクなども出ているのでチェックして。

何にしても、しっかりとパラクレールクリーミューで優しく洗顔して、炎症を抑えながらお肌を清潔に保ちましょう!