creamieux...6

パラクレールクリーミューで洗顔する前に、メイクなどを落とすためにクレンジングを使用する方が多いと思いますが、ここではそんなクレンジングについて

「クレンジングを使う時に注意するべきポイント」をご紹介していきます!!
 

クレンジングは、オイルよりミルクのほうが肌にやさしい?

クレンジングはスキンケアのなかで唯一肌から何かを取り去る作業であり、肌を傷める危険性の最も高いステップです。

その点を、頭に入れて2つを比較してみましょう。

オイルタイプのクレンジング

まず、人気ナンバー1のオイルタイプ。

メーク落とし力が高く、パッチリメークも簡単に落とせます。

ただし、洗浄成分が強いものを使っている上にオイルじたいが肌に残りやすいので、石けんやフォームでのW洗顔が必要です。

しかし、一方でW洗顔のしすぎにも注意。

肌にもともとある潤いまで洗い流してしまい、肌を乾燥させてしまう危険性が高いからです。

また、原料、が植物性オイルの場合、逆にクレンジング時に肌に浸透しやすいという注意点も。

ミルクタイプのクレンジング

つぎに、ミルクタイプ。

近頃は洗いすぎによる乾燥トラブルへの懸念から、マイルドなミルクタイプの再評価が始まっています。

ミルクタイプは、洗浄成分もマイルドなものが使われていることが多く、むやみに肌に浸透することもないので、肌へのやさしさはバッチリです!

また、W洗顔が不要なものがほとんどで、肌を乾燥させるおそれも少ないので、乾燥肌や敏感肌にオススメといえます。

ただし、洗浄成分がマイルドゆえにメークの落ちがイマイチなものが多数で、メーク落とし力が強いものを入手するのが困難。

また、W洗顔いらずはいいけれど、それだと肌がスッキリしない気がするのも事実です。

肌にやさしいクレンジングとはメークをきちんと落とせること、肌を乾燥させないこと。の2つを両立させているもの。

結論・・・パッチリメークを素早く簡単に落とせるのはオイルタイプですが、肌を傷めにくいのはミルクタイプです!

クレンジングするとき、ついでにマッサージをするといいんですよね?

これは間違っていて、クレンジングでのマッサージはかえって汚れを肌に擦り込むことに・・・

クレンジングのついでにマッサージなんて、もってのほか。

クレンジングのときに手を動かすのは、顔全体になじませるためで、マッサージとはまったく別の意味合いです。

クレンジングには洗浄成分として界面活性剤など肌に長時間のせておくべきではない成分も配合されています。

だから、メークが浮き上がったら、素早く洗い流すべき。

いつまでもマッサージしていると、その洗浄成分と落としたメークなどの汚れを、かえって肌に擦り込むことに…。

とくに、植物性のオイルを使ったオイルタイプは肌に浸透しやすいので、要注意です。

マッサージは、クレンジング←洗顔←化粧水とステップを踏んだ肌に、あらためて専用のマッサージクリームなどを使ってやりましょう。

ただ、ニキビ肌の方は、ニキビにはマッサージが良くないので、やらないようにしましょう。

むくみなどが気になる場合は、つぼ押しなど、肌に負担のかからないものでやりましょう!