creamieux...8
ニキビや毛穴の汚れ・黒ずみに効果的と話題のクリーミューですが、美肌になるためには洗顔以外にどのような部分に気をつけ流れスキンケアをしていくべきなのでしょうか?

ここでは普段のスキンケアで気をつけるべきポイントについてご紹介しておきます。

 

乳液・美容液・オイルすべて同じようなもの

椿油やスクワラン、馬油、ホホバ油、オリーブ油などの純粋なオイルは肌にってどうでしょう。

それらは界面活性剤を含んでいないので、クリームよりはよいかもしれません。

でも、油は油にとけるので、少量なら細胞間脂質にとけこんで、不純物として作用しますし、量が多いと細胞間脂質をとかしてしまいます。

オイルを長く使いつづけると怖いのが、肌が黒ずむ「オイル焼け」です。

オイルを使いつづけていると、皮膚が萎縮して薄くなります。

なぜなら、角質細胞が垢として1個はがれると、そのことがシグナルで基底層に伝わり、基底細胞が1個生まれますが、オイルで肌をベタベタにしていると、角質細胞がはがれにくくなり、基底層でも新しい細胞が生まれにくくなります。

新しい細胞が生まれなければ、新陳代謝が低下して皮膚は薄くなるというわけです。

そこへもってきて、オイルは時間がたてば酸化して、過酸化脂質に変わります。

それらは肌にとって異物ですから、皮膚は炎症を起こし、それが慢性化するとメラニンが増えて、くすんできます。

しかも、オイルを長く使いつづけている人は皮膚が薄くなっていますので、皮下の表情筋や血管が透けてしまい、そのため肌が黒ずんでみえるのです。

これが、いわゆるオイル焼けといわれるものです。

では、乳液や美容液といった化粧品はどうでしょう?

どれも界面活性剤や油を使っている点では同じです。

いずれも自家保湿因子をとかして、皮膚のバリアをこわします。

美しい肌のためにと、毎日せっせとつけているクリームや乳液、美容液、あるいはオイル類は化粧水同様、いえ、それ以上に、皮膚のバリアをとかし、こわして、肌を乾燥させ、さらに、炎症を起こさせています。

私の患者さんで熱心にスキンケアをしている人ほど、肌がボロボロになっているのは、ほとんどがそれら化粧品のせいでした。

それらを使うのを中止したら、肌の乾燥がおさまり、炎症が治ったという1000人以上の症例が、このことを証明しています。

クマを悪化させるアイクリーム

目もとの小ジワやクマのケア用の化粧品に、アイクリームがあります。

これらの化粧品に界面活性剤や油分が含まれているのは、他のクリームと同じです。

自家保湿因子がとかされることでバリア機能が低下するため、肌は乾燥してきて、かえって小ジワが増えてしまいます。

しかも、界面活性剤や油分や、いわゆる美容成分なるものは、肌にとっては異物ですから、皮膚に浸入して炎症を起こさせますし、つけるときには皮膚をこすります。

いずれも、目もとの皮膚のメラニンを濃くすることになり、クマが悪化するのです。

それだけではありません。

アイクリームをつければつけるほどそのときはしっとりして、小ジワも目立たなくしますが、一時的にごまかしているだけで、肌は乾燥しますので、し
まいには基底層で新しい細胞がつくられにくくなります。

そのため、皮膚は薄くなり、皮膚が薄くなれば、その下の筋肉の色や血液の色が透けてみえます。

紫やグレー、黒などのクマの色は、じつは薄い皮膚から透けてみえる筋肉の色であり、血液の色でもあるのです。

つまり、アイクリームは皮膚を薄くすることで小ジワを増やし、皮膚の色を紫にして、かつ炎症を起こしてメラニンを増やすという3つの弊害によって、クマを悪化させるのです。

ですので、スキンケアの基本は洗顔なのです。

洗顔を良いものにすると肌は自然と美しくなります。

クリーミューのような濃密泡で洗顔でき、肌に優しい成分で作られているものを使ってまずはスキンケアをしていきましょう